他のローン残高

既存のローン残高は住宅ローン審査に影響する?

調査
経営者の方に注意しておいて欲しいのは、ローンの残高について。

 

他ページでも解説していますが、各金融機関から見て、経営者というのは給料が変動しやすい不安定な存在でしかありません。
その不安定な存在の方が、いくつもローン残高を保有している。

 

金額も大事なのですが、既存のローンの数も、住宅ローンの審査には大きく影響してきます。(通常の会社員の場合は、ローンの数よりも総残高が重要になります)

 

それに加えて、会社の借金も審査に大きな影響を及ぼしてきます。会社経営というのは、大なり小なり、借金の連続で成り立っているものです。

 

そのため、借金が少しでもあれば、融資NGという事は絶対にありません。

 

いくつの借り入れ件数があっても、あまり影響はないのですが、問題は決算として黒字化できているのかが重要になります。

 

個人としてのローン残高も重要になるのですが、加えて会社が抱えている借金の規模、返済プランもしっかりと説明していく必要があるという事を、必ず覚えておきましょう。

 

個人のローンという意味では、金額の規模的にも、そこまで大きくならないとは思うのですが、問題は会社が保有している借金です。

 

中には今期、来期の赤字を覚悟した上で、もしくはギリギリ赤字にならないと判断した上で、投資という意味で借金をしている場合があります。

 

勿論、この場合も黒字部分を圧迫する事になりますので、あまり時期としておすすめする事ができません。

 

住宅ローンの申請を遅らせるか、会社として借金をするタイミング、規模を再検討してみるのも有効かと思います。

経営者の方におすすめの住宅ローンランキング!


HOME 経営者のメリットは? 団信生命保険とは? 他のローンの影響は? 法人で借りるには?