経営者住宅ローン審査団信生命保険

経営者住宅ローンの団信生命保険の加入義務とは?

家
住宅ローンを利用する上で、審査に大きな影響を与えるのが利用者の健康状態です。

 

経営者の場合は、会社の業績証明の事ばかりに傾向してしまい、どうしても忘れてしまいがちなのですが、一般利用者と同様に、健康状態の是非も問われる事になります。

 

結論として、団体信用生命保険への加入義務が生じてきます。

 

団体信用生命保険とは、利用者が死亡した場合、高度障害を患った場合に適用される保険になります。

 

非常に便利な保険ですが、誰でも審査に通る訳ではなく、ガンや生活に支障を来す病気を患っている場合には、団信(団体信用生命保険)に加入する事ができません。

 

もし今現在、団信の審査に影響を与える病気を抱えている場合は、それを治療し、完治させた後に申し込むしか方法がありません。

 

いかに会社経営が長期黒字、返済能力も十分という判断がされても、ここで躓いてしまうと元も子もありませんので、この点にも留意しておきましょう。

 

団信自体の審査は決してそこまで難しいものではなく、健康状態に“大きな問題がない”と判断されれば、誰でも通過する事ができます。

 

各金融機関では「団信加入が絶対条件」と定義付けているところも多いので、必ず確認しておきましょう。

 

どうしても団信の加入が難しいという場合には、フラット35にターゲットを絞っていくのが無難な解決策とされています。

 

ネックに見える団体信用保険ですが、各金融機関が手数料を負担する保険になりますので、入る事自体にはあまりデメリットがありません。(フラット35を利用した上で、団信に加入する場合は、自己負担義務があります)

経営者の方におすすめの住宅ローンランキング!


HOME 経営者のメリットは? 団信生命保険とは? 他のローンの影響は? 法人で借りるには?