起業したての経営者が住宅ローン審査に通るには?

起業したばかりでも住宅ローン審査に通る?

起業
経営者として起業したばかりの方の場合。原則としてこのケースの場合は、住宅ローンを利用する事ができません。

 

通常のクレジットカード作成や、起業資金目的の融資という意味では、見込みという部分で融資を受けられる事が多いです。

 

しかし住宅ローンは金額規模が大きすぎるため、信用実績を示してから進む話という意味で、起業したての場合は融資そのものを却下される事がほとんどです。

 

そのため、まずはクリーンな実績をできれば3期分用意する事が重要になります。

 

申し込む金額によって、起業したての場合は若干対応が変化するのですが、頭金が多い、申込金額自体が小さくなる。

 

こういった場合には、2期分で住宅ローン申請をする事ができる場合もあります。

 

最低でも2期分が必要になりますので、この部分は必ず留意しておきましょう。

 

当然ですが、この2期分の中に、赤字が一度でも食い込んできた時点で、住宅ローンの融資を受ける事はできません。

 

必ずクリーンな実績を作っていく。こういった意識を向けていくようにしましょう。

 

また起業したての時程、会社経営というのはお金が必要になります。黒字にしたいけど、どうしても少しだけ赤字になってしまう。
こういう時は、自分の報酬分を少なくして決算を出していくようにしましょう。

 

会社自体が黒字になっていれば、例え自分の生活給与が少なくなっても、審査自体に通る事があります。

 

まずは会社の経営を安定させる。

 

本来は自分の報酬分も安定させるのが一番ではあるのですが、起業したての場合は、経営安定の方が審査としては良い印象を与えやすいのです。

経営者の方におすすめの住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の金利・顧客満足度指数1位
  • 年収基準は安定かつ継続した収入がある
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料・全疾病保障保険料無料
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 年収基準は
  • 諸費用が安く総返済額をおさえることが可能
  • フラット35は審査基準が違う
  • 返済口座指定で事務手数料は1.08%に
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も心配なし
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
矢印 申し込み



経営者住宅ローン審査TOP 経営者の住宅ローンメリットは? 住宅ローン団信保険とは? 他のローンの影響は? 法人で借りるには?