経営者住宅ローン審査の種類とは?

経営者の住宅ローン審査は2種類ある?

調査
経営者の方が住宅ローンを利用する場合、必ず2種類の審査が行われる事になります。

 

最初の審査は、経営者=会社に対するもの。

 

こちらは他のページでもご説明してきましたが、一個人ではなく、その会社そのものに対する審査が最初に行われます。

 

そして次に行われるのが、利用者本人に行われる審査です。

 

ネット上では「会社の業績さえ黒字化していれば、融資は受けられる」という表現を見かけますが、多くの金融機関は利用者本人の融資残高にもしっかりと意識を向けた上で、審査の是非を決定しています。

 

当然と言えば当然なのですが、既に多くの金融機関から大きな金額で融資を受けている場合は、いかに会社の経営が安泰でも、住宅ローンの申請金額が大きくなればなる程、最後の審査に引っかかってしまう事になります。

 

そのため、経営者の方が住宅ローンの利用を検討する場合は、会社の業績3期分の黒字化だけではなく、ご自身の借用残高もクリアにするという意識が必要不可欠になってきます。

 

勿論、借金が少しでもあればNGという訳ではありません。

 

審査において最も重要視されているのは、あくまでも“安定性”になります。

 

ある程度、現在利用している借金の額が大きくても、長期的にクリアな返済ができているのであれば、大きくマイナスに働く事はありません。

 

要は滞納・遅延を起こしていなければOKという事ですね。

 

これは経営者だけではなく、住宅ローンを利用する以上は、全ての人にとって重要な要素となってきます。

経営者の方におすすめの住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の金利・顧客満足度指数1位
  • 年収基準は安定かつ継続した収入がある
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料・全疾病保障保険料無料
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 年収基準は
  • 諸費用が安く総返済額をおさえることが可能
  • フラット35は審査基準が違う
  • 返済口座指定で事務手数料は1.08%に
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も心配なし
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
矢印 申し込み



経営者住宅ローン審査TOP 経営者の住宅ローンメリットは? 住宅ローン団信保険とは? 他のローンの影響は? 法人で借りるには?