経営者の住宅ローン審査は有利?

経営者は住宅ローン審査で有利になる?

調査
一般的に見て、会社の経営者は年収が多い。こういった認識を持たれています。世間一般では少なくともそう思われる事が多いかと思います。

 

しかしこと住宅ローンの利用という点では、そうはいきません。

 

各金融機関にとっては、最も融資までに時間がかかる取引相手であり、調査が面倒な相手という印象しか持っていません。

 

そういった意味で、非常に不利とも言える立場を取っている経営者の住宅ローン利用ですが、決して悪い事ばかりではありません。

 

<経営者の住宅ローン利用におけるメリット>
黒字経営が続いているのであれば、即融資を受けられやすいということ。まずはここが大きな利点であり、なかなか難しい部分でもあります。

 

ただ、直近で3期の黒字経営を証明する事ができれば、大きく有利に働いてくれます。

 

逆に赤字が1期でもあった場合、例えその期間(3期分)の年収が変動していなくても、審査には大きく影響してしまうというデメリットがあります。

 

<経営者の住宅ローン利用におけるデメリット>
上記の赤字部分もそうなのですが、何よりも大変なのが実績の証明手段になります。

 

必要となる書類が、一般的な一個人が必要とする書類の他に、会社の業績証明を提出していく必要があります。

 

少しでも怪しいと思われた時点で、融資自体が難しくなってしまう事が多いので、この点は純粋なデメリットと言えるでしょう。

 

デメリット部分ばかりが大きいように見えてしまいますが、原則として自営業の方と同じように、クリアにしていけば、融資自体は無理ではないという特徴を持っていますので、がんばって実績を作っていきましょう。

経営者の方におすすめの住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の金利・顧客満足度指数1位
  • 年収基準は安定かつ継続した収入がある
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料・全疾病保障保険料無料
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 年収基準は
  • 諸費用が安く総返済額をおさえることが可能
  • フラット35は審査基準が違う
  • 返済口座指定で事務手数料は1.08%に
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も心配なし
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
矢印 申し込み


経営者の住宅ローン審査は有利?メリットとデメリット!【審査基準は?】記事一覧

経営者住宅ローン審査の種類とは?審査基準が2種類ある?【融資の条件】

経営者の方が住宅ローンを利用する場合、必ず2種類の審査が行われる事になります。最初の審査は、経営者=会社に対するもの。こちらは他のページでもご説明してきましたが、一個人ではなく、その会社そのものに対する審査が最初に行われます。そして次に行われるのが、利用者本人に行われる審査です。ネット上では「会社の...

≫続きを読む

経営者の住宅ローン審査に他のローン残高が影響する?【総返済比率とは?】

経営者の方に注意しておいて欲しいのは、ローンの残高について。他ページでも解説していますが、各金融機関から見て、経営者というのは給料が変動しやすい不安定な存在でしかありません。その不安定な存在の方が、いくつもローン残高を保有している。金額も大事なのですが、既存のローンの数も、住宅ローンの審査には大きく...

≫続きを読む

経営者住宅ローン審査は健康状態も大切!【団信生命保険に加入が必須!】

住宅ローンを利用する上で、審査に大きな影響を与えるのが利用者の健康状態です。経営者の場合は、会社の業績証明の事ばかりに傾向してしまい、どうしても忘れてしまいがちなのですが、一般利用者と同様に、健康状態の是非も問われる事になります。結論として、団体信用生命保険への加入義務が生じてきます。団体信用生命保...

≫続きを読む

起業したての経営者が住宅ローン審査に通るには?審査基準!【年収は?】

経営者として起業したばかりの方の場合。原則としてこのケースの場合は、住宅ローンを利用する事ができません。通常のクレジットカード作成や、起業資金目的の融資という意味では、見込みという部分で融資を受けられる事が多いです。しかし住宅ローンは金額規模が大きすぎるため、信用実績を示してから進む話という意味で、...

≫続きを読む

経営者の住宅ローンは法人で組むのがおすすめ?【個人との違いは?】

当サイトを拝見されている方の多くが、個人名義で自宅の購入を検討されているかと思います。それが自然と言えばそうなのですが、会社名義で自宅を購入するという選択肢も無い訳ではありません。なかなか面倒なので、やはり個人購入が一番ではあるのですが、一つの選択肢として、会社名義での購入についてもご説明しておきた...

≫続きを読む

会社役員の住宅ローン審査は甘い?経営者住宅ローン!【会社員と同じ?】

会社経営者ではなく、役員として働いている方が住宅ローンを組む場合。原則として役員というのは経営者には該当しませんので、「会社員」という区分で住宅ローン申請をする事ができます。ただし、役員ではなく「取締役」という登記がされている場合には、経営者と同じ扱いを受ける事になります。(代表取締役ではなくても)...

≫続きを読む


経営者住宅ローン審査TOP 経営者の住宅ローンメリットは? 住宅ローン団信保険とは? 他のローンの影響は? 法人で借りるには?