経営者が住宅ローン審査に通るには?

経営者の住宅ローン審査通る銀行とは?

見出し

会社経営者の方は住宅ローン審査が通りにくいとか厳しいといわれます。当サイトでは、なぜ経営者は住宅ローン審査に通りにくいのか?どのような点に注意すればいいのか?審査基準と通るコツについて徹底的に調査しました!また審査が甘い、緩いといわれている銀行の実態はどうなのかもしっかりチェックし会社経営者の方に自信を持っておすすめできる住宅ローンランキングを作成しました。

【2017年9月】経営者の方におすすめの住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の金利・顧客満足度指数1位
  • 年収基準は安定かつ継続した収入がある
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料・全疾病保障保険料無料
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 年収基準は
  • 諸費用が安く総返済額をおさえることが可能
  • フラット35は審査基準が違う
  • 返済口座指定で事務手数料は1.08%に
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も心配なし
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
矢印 申し込み


経営者の住宅ローン審査に通るための基準とは?

調査
経営者の方が住宅ローンを利用する場合、サラリーマンなどとは異なる独自の審査基準が発生します。

 

当サイトでは経営者の方向け住宅ローンの情報を記載していますので、是非参考にされてみてください。

 

<経営者が住宅ローンを利用する場合の注意点>
まず、住宅ローンを利用する場合、必ず一個人としてではなく、会社単位での業績を軸に、審査が行われる事になります。

 

この理由は単純明快で、「収入を決定するのが会社の業績次第だから」です。

 

経営者と一言で表現しても、様々な規模の会社が存在しています。

 

役員報酬で1億円もらっている方がいれば、少ない社員数で大きく業績を上げている方もいるかと思います。

 

どういったケースにしても、金融機関から見た場合、その人の収入がいくらであっても、赤字になっているのであれば、見通しが立たないと判断されてしまう点に、大きく留意しておく必要があります。

 

そのため、まずは会社を安定させるという事が、何よりも重要になってくるのです。

 

もう一点、注意すべき箇所があります。それは税金対策の仕方。

 

会社を経営されている方の場合、多くの方が節税に勤めていると思います。さすがに虚偽の記載をしているのは大問題ですが、多かれ少なかれ、「本当は利益になっていた部分を他の赤字部分に回す」といった税金対策、株価対策を行っているはずです。

 

この場合、純粋に平均的な黒字を出すという意味では間違っていないのですが、こうした補填の仕方をしていると「収入が変動しやすい」と判断されてしまう事が多くなってしまうのです。

 

住宅ローン審査で一番重視される点は安定性です!

 

つまり会社の赤字穴埋めをするためは、報酬が変動して安定しない会社という印象を持たれてしまうのです。

 

こうなってくると経営者が長期の住宅ローンを組もうとすると、「先行き不透明な人」と判断されてしまい、融資自体が難しくなってしまいます。

 

黒字になっていればまだ良いのですが、中には今期分を赤字に修正しているという方もいるかと思います。

 

住宅ローンの審査というのは、自営業者・経営者、どちらであっても「赤字がついた時点で融資が難しくなる」という特徴を持っていますので、住宅ローンの利用を検討している段階から、赤字を一切出さないという意識を強く持っておく事が重要になります。

 

まずはこの赤字を出さないという点をクリアしてから、住宅ローンを検討していくのが一般的な経営者の住宅ローン利用事情になっているのです。

経営者住宅ローンで重視される審査項目とは?

項目
経営者の住宅ローンで最も重要なポイントになるのは、会社が黒字であるのか赤字であるのか、という部分。

 

これはその通りなのですが、審査の厳しさ・甘さという意味では、あくまでも黒字というのは一つの満たされるべき基準であって、最重要視しているポイントではありません。

 

最も重要視されているのは、「経営者として収入状態がどうなっているのか?」ということです。

 

当然ながら、会社が住宅ローンの支払いをしていく訳ではなく、あくまでも利用しているあなたが支払いを続ける事になりますので、安定した収入が求められているという点は、他の職種の方と大差はありません。

 

そのため、審査を行う際に、最も着目されている部分が「報酬の受け取りに遅れが生じる事」です。

 

会社社長をしている人であれば、誰もが一度は経験した事のあるのが、「今月は自分の給料を減らしてでも、もしくはカットしてでも頑張らないといけない」という事態です。

 

例え黒字経営3期分を証明する事ができても、こういった事態が一度でも起きてしまう事に、各金融機関は大きな警戒感を示しています。

 

住宅ローンは継続して安定した収入があることが何よりも大事なのです。

 

つまり経営者としての報酬をしっかりと、毎期確実に区分けして、業績と直結させていないという流れを作っておくことも重要なのです。

 

要約すると「黒字経営でなければできない事」になってしまうので、端的に「まずは黒字であること」が求められているのです。

 

ただ前述したように、黒字であっても、経営者の給料が大きく業績内容によって変動している場合は、リスクが高いという判断をされる事になり、審査に影響してしまう場合もあります。(会社の規模、業務内容によってもこの部分は変化してきます)

経営者住宅ローン審査の過去3年分の実績証明と必要書類とは?

書類
では実際に会社経営者の方は、どういった書類を用意して、実績を証明すれば良いのか。中には人任せ、税理士任せという方もいらっしゃるはずです。

 

原則として決算書類としては以下のものが必要になります。

 

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書
  3. 株主資本等変動計算書

 

要は法人税の申告をする際に必要となる書類群なのですが、一応各書類の説明をしておきます。

 

貸借対照表
俗に言うバランスシートの事で、今現在会社が保有している資産、資金を出した後に、借金がいくらあるのか。これを分かりやすく表示したものが貸借対照表になります。自分で作る事もできます。

 

損益計算書
貸借対照表と一緒に作成する事が多い書類ですが、自分で作るのは非常に大変。1年分の損益の流れを記した書類になります。

 

株主資本等変動計算書
こちらも自分でまとめるのはなかなか大変なのですが、紙自体はシンプルにできています。名前を覚えるのは面倒ですが「株価の変動状況を記したもの」と考えておくのがおすすめです。

 

原則として上記の書類3つを決算書類として3期分をまとめて提出する必要があります。

 

決算書類の中に不備があったり、怪しい点があると判断された場合は、付属明細書の提出を求められる事があります。

 

付属明細書
貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、3つの流れを補足するための説明書になります。数字だけでは説明するのが難しいという場合に付属明細書を添付して、本来は「必ず作成している書類の一つ」になります。


経営者住宅ローン審査TOP 経営者の住宅ローンメリットは? 住宅ローン団信保険とは? 他のローンの影響は? 法人で借りるには?